FC2ブログ

いよいよ来年は御柱祭 !!!

5月12日、諏訪大社下社の御柱祭の用材が町内の国有林で伐採されました。

すごいんです!諏訪の人は!燃えるんです!

子供からお年寄りまで、男性も女性も。
一地区のお祭りではなく諏訪郡全域が燃え上がる三大奇祭の一つ、御柱祭。早くも湧き上がっています。

以下は地域で発行されている新聞の紙面より抜粋しました。
熱気が伝わると良いですが・・・・・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 「バリ・・・・、バリバリ。ズッドーン。今までそそり立っていた木が大音響を立てながら倒れ、地鳴りとともに横たわると、氏子衆が一斉に駆け寄って歓喜の万歳を繰り返し、熱気と興奮は冷めやらなかった。伐採の時間は一番最初の秋四が午前10時25分、最後の秋一は午後0時20分だった。
 木が茂る山中の斜面とあって安全確保が徹底され、おおむね所定の方向に倒された。枝払いや皮むきされた用材は今秋、業者によって大平(おおだいら=地名)の棚木場(たなこば)まで仮搬出され、来年4月の山出し、5月の里曳きと続く御柱祭を待つ。諏訪人が魂振るわせ奉仕する天下の大祭がいよいよ迫った。」

鯉のサービスデー

きょうはゴールデンウィーク最終日
下諏訪はすがすがしい良いお天気です

6日です。
丸六サービスデーです。
きょうは鯉がお値打ちです
鯉を味わうたびに諏訪の山々と湖を思い出してください

ご注文、ご来店お待ちしております

ワカサギが来ました!でも・・・・・・

待望のワカサギの遡上が始まったようです。
いつもなら終わりの時期にさしかかるのに、今年はようやく川にのぼって来ました。

ところが。

川魚店に分配される量はたったの数kg。
これではとても間に合いません。届いたワカサギを見るとまだ小さいのです。
さっそく煮付けて店頭に並べると瞬く間に売切れてしまいました。

たくさんのぼってきてほしいと祈っていましたが、とうとう採卵は中止になるそうです。

がっかり

「諏訪の湖には魚多し」とうたっている『信濃の国』ですが、この状況は信じがたいものです。

桜とうな弁

きょうも下諏訪は良いお天気。

店の前から水月園を見上げると、あとから咲いた桜の花がまだ見えます。
ご近所の奥さんも、「水月」の赤いネオンが夜見えるようになると下諏訪の春を実感するわ、と話していました。

ここ数日うなぎのお弁当(当店ではうなぎのお弁当を『うな弁』という名前で販売しています^^)が良く売れます。
電車に乗る前に買っていかれる方の中に、東京へ帰るときのおみやげとして10食以上お買い上げくださったお客様もいらっしゃいました。

ありがたいことです。

私もせめて一度、水月の桜の花の下でうな弁を広げてみたいものです。

春です。

 諏訪の地でもあちこちの桜の花が咲き始めました。

 でも先日降った雪に桜の木が驚いたのでしょうか。

 諏訪湖沿いの艇庫からジョギングロードあたりはまだほとんどが蕾です。
 
 駅通りから見上げる水月園でも咲いてる木はわずかです。

 嫁いだばかりの頃は定休日でも卸の仕事があり、お花見なんて「夢のまた夢」の生活でした。

 今も相変わらずですが、テレビの画面でも新聞の写真でも、桜の花を見ると心がウキウキするのはやっぱり日本人だからでしょうね。
 
 それにしても今年は変です。
 
 何が変?諏訪湖のわかさぎです。流入している河川に遡上しないのです。

 漁協に問い合わせても「ワカサギに聞いてほしい」と返されるほど、原因がつかめないのです。

 ですから「わかさぎ甘露煮」はもうしばらく欠品です。

 申し訳ございません。

 一日も早くお客様にお届けできるようになりたいです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

リンク

プロフィール

丸六本山商店

Author:丸六本山商店
丸六のブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR